ここから本文です。

更新日:2024年2月21日

リアルタイム現地情報

つくば地域農業改良普及センターで取り組んでいる現地の活動をお知らせします。

令和5年度農業経営改善研修会を開催しました

令和6年1月31日、農業における労働力不足を改善するため、新たな技術やサービスの活用による省力化や雇用の確保を目的とした研修会を開催しました。阿見町の圃場および本郷ふれあいセンターを会場として、農業者や関係機関など41名が参加しました。

圃場では、安価に導入できる載せ替え型の自動操舵システム(CHCNAV)の実演を行い、ハンドル操作をしなくてもトラクタがまっすぐ走る様子や、GNSSレベリングシステムにより作業機が設定した高さに自動で上下する様子を見学していただきました。その後、室内会場で株式会社タイミーから、農業分野におけるスキマバイトアプリの活用についてご紹介いただきました。参加者の中には既に当該アプリを活用している方もいるなど、雇用をスポットで、簡便に導入したい人が多いことが感じられました。

後半は、水稲関係の情報提供として、粒状肥料土中施肥技術と米の現物市場開設について、稲敷市および河内町で水稲専作経営を行う株式会社農業生産法人田仲農場の田仲代表から、令和5年産水稲の作柄および令和6年産に向けた対策について、農業総合センター森専技から、それぞれご説明いただきました。参加者からは、田仲農場の経営概要や高温による水稲種子の影響について質問があり、活発な意見交換が行われました。

普及センターでは、引き続き農業者の要望に応えた現地検討会を開催し、儲かる大規模水田農業経営体の育成に向けた支援を行っていきます。

令和6年2月21日

 つくば地域農業改良普及センター

sitsunaigenti

令和5年度女性農業士会つくば支部総会を開催しました

令和6年1月23日、女性農業士会つくば支部が総会を開催しました。

全会員が出席し、令和5年事業報告及び収支決算報告、令和6年事業計画案及び収支予算案が議論されました。令和6年の活動内容については、直売に携わる会員が多く、販売力を強化するため、SNSなど広告宣伝について学びたいという意見が出されたほか、会員が開拓した販売ルートを活用し、女性農業士として県外のスーパーで販売することができないかなど、女性農業士会つくば支部の活動について積極的な提案がなされました。

総会後、「初めてのヨガ体験」ということで、農作業で負担のかかる腰や同じ姿勢の作業が続くことでこわばりがちな体をほぐすためのプログラムを盛り込んだヨガを行いました。「自分自身に気を遣う時間が普段ないので、自分を大事にする時間になってよかった」など好意的な感想が聞かれました。

今後も、普及センターでは地域農業のリーダーとなる女性農業士の活動を支援していきます。

令和6年2月15日

つくば地域農業改良普及センター

 

総会ヨガ

つくば地域イチゴ経営研究会主催の食味検討会が開催されました

1月23日(火曜日)に、つくば地域イチゴ経営研究会主催によるイチゴ食味検討会が開催されました。

つくば地域イチゴ経営研究会は、つくば地域のイチゴ生産者10名で構成する、イチゴに関する栽培技術の向上や経営の改善等を目的とした組織です。

食味検討会には、生産者6名のほか、資材販売業者等の関係者3名が参加しました。資材販売業者から最近話題の出荷資材や生産資材の紹介や、普及センターから育苗期の管理方法、直売所や観光いちご園における衛生管理の徹底などを中心に栽培指導と情報提供を行った後、個々の生産者が持ち寄った様々なイチゴについての情報交換や意見交換が行われました。

今シーズンの生産では、夏期の高温や秋期の温暖な天候により、花芽分化の遅れやバラつき、炭疽病への対策などが主な課題となっており、夜冷育苗や底面給水等の技術情報が話題となりました。

また、会員の大半が直売や摘み取りで販売しているため、品種や栽培方法による食味の違いに対する関心が高く、サンプルを実食しての意見交換では、自身の生産に対する考えが披露されるなど、たいへん盛り上がりました。

さらに、育苗期の栽培管理や夜冷育苗等の見学、会員相互のほ場巡回など来年度の活動への提案があり、今後の研究会活動や個々の生産活動の活性化につながるものとなりました。

普及センターでは、今後も研究会の活動を支援し、個々のイチゴ生産者の経営安定や直売等を中心とした産地活動をバックアップしていきます。

令和6年2月9日

つくば地域農業改良普及センター

ab

農業人材育成指導者養成講座を開催しました

農業経営の発展には安定した雇用の確保・維持が重要ですが、「従業員を確保できない、定着しない」という悩みをもつ経営者が多く、従業員の確保や育成に関して多くの労力や精神的負担がかかっているのが現状です。

そこで、つくば農業改良推進協議会では、いばらき農業アカデミーと連携し、従業員を確保・定着させる職場環境づくりについて学ぶ講座を開催しました。講座には、農業法人等から25人の経営者が参加しました。

講座では2名の講師にご講演をいただきました。1つめの講演では、令和4年度に全国優良経営体表彰「働き方改革部門」で農林水産大臣賞を受賞した愛媛県の株式会社ニュウズの土居裕子代表から、「農業の可能性を広げる~生産性が高く、人にやさしい職場環境づくり」と題して、人材育成の取組みをお話しいただきました。株式会社ニュウズでは、明確な経営理念を掲げ、「同じ目標に向かえる仲間」であるかどうかを見極めて採用を行っています。その上で、さまざまな働き方を用意し、ひとりひとりが望むライフプランを実現する職場環境づくりを目指しています。講演後は、「休日はどう設定しているのか」、「キャリアパスはどうつくっているのか」など多くの質問が寄せらせ、人材育成に対する経営者の関心の高さが伺えました。

2つ目の講演では、社会保険労務士の松本光治氏から、「うちってブラック企業?」と題して、労務・採用定着の基本をお話しいただきました。農業にありがちな労務管理の失敗事例を通じて、労働時間管理や人材育成等の重要性について考える機会となりました。

受講者からは、「今回の講座を機に、就業規則の作成や定期面接の導入を考えたい」などの前向きな意見が出されました。

普及センターでは、今後も関係機関と連携し、雇用管理の改善と人材育成に積極的に取り組んでいく経営体を支援していきます。

令和6年1月23日

つくば地域農業改良普及センター

jinzaiikusei matumotojinzaiikusei1

 

 

 

 

 

 

女性のための「インスタグラム活用講座」を開催

令和5年12月12日に農村女性大学「インスタグラム活用講座」をつくば地域農業改良普及センターで開催しました。

農村女性大学は、つくば管内の女性農業者を対象に栽培管理能力や経営管理能力の向上を目的に開講している講座です。

講座では、まず投稿の種類などのインスタグラムの基本的な機能を学びました。参加者は、普段から農園の情報をインスタグラムで発信していますが、これまで知らなかった機能や効果的な使い方を知ることができた様子でした。

実習では、参加者自身のインスタグラムのプロフィール欄の更新を行いました。効果的なキーワードや、検索したときに見つけやすくなるノウハウなどを盛り込みながらプロフィール欄を改善しました。その後、実際に本講座の様子をその場でインスタグラムに投稿し、文字入れなど画像の加工方法を実践しながら学びました。

参加者からは、「インスタグラムから商品の決済につなぐ方法はあるか」「普段の投稿が自分の日記のようになってしまうがどうしたらいいか」などたくさんの質問がでました。

今後も普及センターでは、女性農業者がSNSを経営に上手に活用できるよう支援していきます。

令和6年1月4日

つくば地域農業改良普及センター

インスタグラム活用講座の様子

 

 

 

 

 

 

 

取手市稲作・園芸研究会第38回共進会表彰式が開催されました。

12月19日、取手市稲作・園芸研究会第38回共進会表彰式が開催されました。

取手市稲作・園芸研究会(昭和54年発足)では、昭和61年から共進会(米づくりコンクール)を実施し、この中で米の坪刈り調査や食味・品質分析に取り組むことで、会員の生産技術や意欲の向上に努めてきました。

本年度は取手市稲作・園芸研究会の12名が共進会に参加し、上位4名が表彰されました。1位の取手市長賞は下田文彌氏が、2位のつくば普及センター長賞は青年農業士の長塚大喜氏が受賞しました。

表彰式の後、関係機関から様々な情報提供がなされ、普及センターからは共進会の講評や今年の気象及びコシヒカリの収量・品質等の調査結果についての紹介を行いました。特に、資材・燃料の高騰や今年の1等米比率の低下についての関心が高く、関連した質問が多く出されました。また最後に、次年度から加入する若手経営体1名の紹介も行われました。

普及センターでは、儲かる農業の実現や次世代稲作経営体の育成に向けて、引き続き支援を行っていきます。

令和5年12月26日

つくば地域農業改良普及センター

tor1tor2

伊奈地区園芸研究会現地検討会が開催されました

令和5年12月7日に伊奈地区施設園芸研究会によるトマト現地検討会が開催されました。伊奈地区施設園芸研究会では、つくばみらい市のトマトやミニトマト生産者が会員の資質向上を図るため、研修会などを開催しています。

現地検討会では、まず、会員のハウスを巡回してトマト・ミニトマトの生育状況を確認しました。その後、室内に移動して、普及センターからスマート農業技術を活用した栽培改善事例、トマト黄化葉巻病の原因となるコナジラミ類対策や、はじめて県内で発生が確認されたトマトキバガについて説明等を行い、農薬メーカー担当者からは病害虫防除資材について情報提供がありました。

検討会では、栽培管理に加えて、病害虫対策や資材等についての情報交換や質問が活発になされました。

今後も普及センターでは、地域で活躍するトマト生産者の活動を支援していきます。

令和5年12月25日

つくば地域農業改良普及センター

つくばみらい4Hクラブが先進地視察研修を行いました

令和5年11月17日に、つくばみらい4Hクラブが先進地視察研修を行いました。

つくばみらい4Hクラブは、つくばみらい市内外の若手農業者が組織する農業青年クラブです。地域農業の活性化や若手農業者の仲間づくりを目的として活動しており、市内各種イベントや直売会への出店、栽培技術向上のための研修の実施など、積極的に活動を行っています。

今回は、カンショの栽培から加工まで手掛ける法人と、太陽光を利用し、水耕栽培で葉菜類を生産している法人にて、研修を行いました。

前者では、農業機械や貯蔵技術、干し芋の加工設備について研修し、情報交換がなされました。

また後者では、暑さ・寒さ対策、品種選定についての情報交換がなされた他、取締役の方が農業の経営コンサルタントをされていることから、販路拡大や営業時のポイント等についての質問も積極的になされました。

今回の研修を通じて、4Hクラブ員からは加工技術や販路拡大について、普段聞くことが出来ない情報を学べて良かったといった意見があがりました。

普及センターは、今後もつくばみらい4Hクラブの活動を支援していきます。

令和5年12月22日

つくば地域農業改良普及センター

terunumaaitekku

従業員向け農業人材育成指導者養成講座を開催しました

農業経営の発展には安定した雇用の確保・維持が重要ですが、「従業員を確保できない、定着しない」という悩みをもつ経営者が多く、従業員の確保や育成に関して多くの労力や精神的負担がかかっているのが現状です。

一方で、多くの従業員は、「仕事のモチベーションをどこに設定してよいかわからない」、「農業の就業環境は独特で、なかなかなじめない」といった漠然とした不安や悩みがあるように見受けられます。

そこで、つくば農業改良推進協議会では、いばらき農業アカデミーと連携し、農業法人等で働く従業員を対象に、働くモチベーションを高め、目標設定を学ぶ講座を開催しました。講座には農業法人等から21人の従業員が参加しました。

講座は、講演とパネルディスカッションの二部構成で行い、講演では、農業経営コンサルタントである株式会社農テラスの山下代表から、農業現場で働く際の心構えや、仕事の目標の設定の仕方などをお話しいただきました。パネルディスカッションでは、県内の農業法人で高いモチベーションを持って働いている3名の従業員から仕事への向き合い方などを伺いました。

受講した方々からは、「とても参考になった。従業員同士でもっと意見交換をしたい」、「受講生同士でグループディスカッションをやってみたい」などの前向きな意見が出されました。

その意見をもとに、1月24日に従業員向け講座の第2弾を追加開催することになりました。次回は、少人数のグループでディスカッションを行う方式です。従業員同士が情報交換を通じて、自分の仕事を見直し、他の経営の良い点を取り入れるなどの改善に向けた取組みにつながることを期待しています。

高いモチベーションを持ち、目標設定ができる従業員の育成に向けて、今後も関係機関と連携して支援を行っていきます。

令和5年12月18日

つくば地域農業改良普及センター

 

従業員向け人材育成指導者養成講座

経営管理講座『複式農業簿記の基本と農業簿記ソフトの活用』を開催しました

つくば地域農業改良普及センターでは、『複式農業簿記の基本』(3日間)と『パソコン農業簿記ソフトの活用』(1日)を学ぶ4日間の講座を11月中旬に開催し、新規就農者、就農予定者、女性農業者など9名が受講しました。

『複式農業簿記の基本』は、県農業総合センターが令和5年3月に作成した動画とテキスト・問題集を活用し、受講生がパソコンで動画を見ながら各自のペースで学習を進め、随時、普及指導員に質問するという自主学習スタイルで行いました。

『パソコン農業簿記ソフトの活用』は、農業簿記に特化したソフトとしてJA全中が推奨している農業簿記ソフトを用い、初期設定から申告書作成までの一連の操作を体験しました。

講座終了後の受講生のアンケートには「動画はイメージしやすいのでわかりやすい。動画を何度も見返すことができ、自分のペースで学習を進められたことが良かった」「農業簿記ソフトを次年度から使ってみたい」といった意見が多くありました。

簿記ソフトを活用すると、税務申告を自分で簡便に行えるだけでなく、得られた経営収支データを様々に分析することで、経営状況を把握し、経営改善の方策を立てることができます。

今後も普及センターでは、個々の農業者が経営の収益性を高め、儲かる農業を実現できるよう、経営管理についても支援をしていきます。

つくば地域農業改良普及センター

複式簿記の基本は、一人ひとりがイヤホンを付けて、動画を視聴し問題を解き進めました。農業簿記ソフトの活用では、スクリーンを見ながら普及指導員の説明をもとに操作を行いました。

 

県南地域農業学園「大田市場視察研修」を開講

県南地域の3普及センターは、新規就農者を対象に、基礎的な栽培技術や経営改善の方法等に関する講座「県南地域農業学園」を開催しています。今回は、農産物の販売や流通に関する知識を深めることを目的に、令和5年11月30日、東京都中央卸売市場大田市場(以下、「市場」)にて視察研修を実施し、13名が参加しました。

参加者は市場に到着後、まず市場紹介ビデオの視聴と市場内の見学を行い、市場の成り立ちや役割について学びました。その後、茨城県農産物販売推進東京本部の職員による市場流通と市場外取引の特徴についてと、東京青果株式会社の担当者による「卸売会社から見た魅力ある農産物」についての講義を受講しました。

講義では、市場流通に留まらず、農産物を直売する際の留意点等、販売全般について話を伺えた他、東京青果株式会社からは現在需要が高まりつつある農産物についての情報提供があり、農産物の販売力向上に関して知識を深めることができました。また、質疑応答では、近年の輸出需要増加やGAP取得のメリットについての質問がありました。

今回は、市場流通について学ぶとともに品目や販売先選定の参考となる情報を収集することができ、今回の研修は非常に有意義なものとなりました。普及センターでは今後も、管内生産者や関係機関と連携し、新規就農者の経営安定に向けた支援をしていきます。

令和5年12月7日

つくば地域農業改良普及センター

市場内見学流通に関する講義

麦類湿害対策「耕うん同時畝立て播種技術」現地検討会を開催しました

茨城県の小麦は7~8割が水田で作付けされていますが、一般に、水田は畑地と比べ湿害を受けやすく、多収を阻害する大きな要因となっています。

そこで、小麦の湿害対策として、令和5年11月21日に、麦類湿害対策「耕うん同時畝立て播種技術」現地検討会を開催し、担い手5名、関係機関10名の計15名が参加しました。耕うん同時畝立て播種技術は、畝立てすることで、降雨後早期に表面排水を促すほか、生育期間を通じて土壌水分を低く保つことにより、湿害を軽減できる技術です。

最初に普及センターから、耕うん同時畝立て播種技術ついて説明し、技術の特長について学んだ後、耕うん同時畝立て播種の実演をしました。試走をしていただいた関氏からは「作業速度は遅いが、砕土率に優れ、一度の耕うんできれいな畝立てをすることができる」との感想を聞くことができました。

また、参加者からは、耕うん同時畝立て播種が可能なほ場条件や播種後の管理方法等について質問がなされ、活発な情報交換が行われました。

普及センターでは、引き続き「耕うん同時畝立て播種技術」現地実証ほの生育調査、収量調査、等の情報を発信し、儲かる大規模水田農業経営体の育成に向けた支援をしていきます。

令和5年12月6日

つくば地域農業改良普及センター

説明の様子実演の様子

茨城県フリージア研究会現地検討会が開催されました

令和5年11月24日に茨城県フリージア研究会による現地検討会が開催されました。茨城県フリージア研究会では、会員の資質向上を図るため、研修会などを開催しています。

現地検討会では、まず、生産者のハウスで実施されている園芸研究所の現地試験の状況を見学し、その後、農業総合センターに移動して、センターの概要の説明を受けた後、園芸研究所でのフリージアやトルコギキョウの試験ほ場や生物工学研究所の育種ほ場を見学しました。

現地では、試験の途中経過の説明や質疑に加えて、病害の発生状況や球根の入手状況についての情報交換がなされました。また農業総合センターではフリージアはもちろんのこと、トルコギキョウの試験やバラの育種について会員から質問が出るなど、活発に意見交換する姿がみられました。

今後も普及センターでは、地域で活躍する花き生産者の活動を支援していきます。

令和5年12月5日

つくば地域農業改良普及センター

園芸研究所文蔵農場

 

 

 

 

 

 

 

JAつくば市ネギプロジェクト目揃会で秋冬ねぎの栽培管理を指導

11月17日(金曜日)に開催されたJAつくば市ネギプロジェクトの出荷目揃会において、病害虫防除や肥培管理などを中心に栽培指導と情報提供を行いました。

目揃会には生産者16名が参加し、メインの出荷先となる県西VFステーションから、販売情勢を踏まえた出荷調製のポイントなどについてサンプルを見ながら具体的に説明を受けました。

ネギプロジェクトは、JAつくば市が、新たにネギを導入するなど経験の浅い生産者を対象に、生産・出荷の両面から支援している組織です。

今シーズンは、夏期の高温干ばつや10月の前進出荷により品薄気味で堅調相場が見込まれることから、サンプルを用いた目揃えでは、葉をどこまで剝くべきかなど、生産者からの質問が盛んになされ、販売への期待と出荷への意気込みが感じられました。

さらに、暖冬予想から今後も葉鞘部の肥大の可能性があるため、栽培管理への関心が高く、目揃会終了後も個別に相談や質問がありました。

今後も、普及センターでは、JAつくば市と連携し、ネギの新規栽培者等の経営安定の支援や産地の担い手確保を通じて、ねぎ産地の振興と発展をバックアップしていきます。

令和5年11月24日

つくば地域農業改良普及センター

出荷品の調製などの目揃え出荷品の詰め方などの目揃え

地域計画作成に向けて、担い手間の意見交換会を開催しました。

現在、全国の市町村において、地域ごとに協議し、地域の将来の農地利用の姿を明確にする「地域計画と目標地図」の策定が進められています。これに伴い、普及センターでは、取手市役所と連携し、11月21日に取手市役所において、「久賀地区における担い手間の意見交換会(第1回)」を開催しました。久賀地区で耕作を行う市内外在住の担い手7経営体と関係機関16名が参加しました。

前半は、市農政課と普及センターから、地域計画の作成や目的、地域の現状、意見交換会の進め方について、説明を行いました。

後半は、参加した7経営体からそれぞれ「1農地集積・集約」「2農地の交換・移譲」「3地域の課題や提案」の3つの議題ごとに、意見をいただく形で話し合いを進めました。結果、参加者の多くが20~40代の規模拡大志向であり、久賀地区における10年以内の農地集積意向などが参加者間で共有され、参加者の具体的な農地交換希望地も明らかになりました。また、久賀地区内での水利や土地条件などの課題が共有され、今後の水田営農のあり方についての提案なども行われました。

普及センターでは引き続き、関係機関と連携しながら、地域計画の作成や担い手同士の連携による農地集約に向けた支援を行っていきます。

令和5年11月22日

つくば地域農業改良普及センター

kuga2

令和5年度女性のための稲作基礎セミナー第2回を開催しました。

普及センターでは、令和3年から管内で普通作経営に参画する女性農業者を対象に、「女性のための稲作基礎セミナー」を開講しています。10月23日、つくば普及センターで今年度第2回のセミナーを開催しました。新たなセミナー生も含め、管内の女性農業者5名が参加しました。

前半は、管内の大規模水稲経営体の経営手法を学ぶ機会として、(農)やわら生産組合の代表理事組合長である市川智氏から、組合設立の経緯やこれまでの歩み、経営概況、課題や経営理念について説明をいただきました。セミナー生からは育苗方法や雑草対策、無人ヘリコプターとドローンの性能の比較等、いろいろな質問がなされました。

後半は、普及センターによる水稲の収量・食味・品質に関する勉強会を行いました。まず、セミナー生が栽培した「ゆうだい21」と、管内産の「コシヒカリ」「ふくまる」「ミルキークイーン」の食べ比べ(食味官能試験)を行いました。品種による味の違いに驚きの声が上がるとともに、今回は「ゆうだい21」が一番人気となりました。続いて、普及員による講義と、セミナー生が持参した玄米について、セミナー生自身が機器を使用して千粒重や食味・品質分析を行いました。測定方法の習得だけでなく、品種による品質の違いに気付く等、有意義な研修となりました。

今回のセミナーにより、新たなセミナー生との交流が深まるとともに、活発な情報交換が行われました。普及センターでは引き続き、女性農業者の栽培技術や経営力の向上を支援していきます。

令和5年11月1日

つくば地域農業改良普及センター

市川さんの講義

県南地域農業学園「ネギ講座」を開講

県南地域の3普及センターは、新規就農者を対象に、基礎的な栽培技術や経営改善の方法等に関する講座「県南地域農業学園」を開催しています。今回は先進的なネギの栽培技術と規模拡大時の留意点について学ぶため、10月10日(火曜日)につくば市内の現地圃場において、県南地域農業学園第5回「ネギ講座」を開講し、つくば地域、稲敷地域、土浦地域の新規就農者等11名が参加しました。

講座では、つくば市で大規模にネギ生産を行っている農業者の方を講師に、御自身が行っている効率的な栽培方法の紹介と、労働力や機械投資をする際の留意点を中心にお話しいただきました。

特に、効率的な栽培方法では、除草時間削減を目的に白黒ダブルマルチを用い、除草時間が10分の1にできたとのことで、この話を聞いた参加者からは次の作付けで白黒ダブルマルチを導入したいという声があがりました。

質疑応答では、白黒ダブルマルチを利用する際の留意点や雇用労働力導入のポイントについて質問が多くあった他、「病気が出た圃場には土壌消毒と緑肥を入れた輪作のどちらが良いか」といった自身の栽培に関する具体的な相談もありました。

普及センターでは、今後も管内生産者や関係機関と連携し、次回は大田市場視察研修(11月30日開催)を開催し、新規就農者の経営安定に向けた支援をしていきます。

令和5年10月25日

つくば地域農業改良普及センター

ネギ講座の様子ネギのマルチ栽培

将来の地域農業に係る座談会を開催しました

つくば市では、農業者の高齢化及び減少により、農地が担い手に集積され、生産規模拡大が進んでいます。この現状を受け、普及センターでは、今後担い手が将来に渡って農地を効率的に利用し、営農していくため、農地の集約化を支援しています。

 

令和5年7月27日に、「第1回将来の地域農業に係る座談会」開催し、担い手18名、関係機関29名の計47名が参加しました。

最初に株式会社ライス&グリーン石島の石島代表取締役から、下妻市における農業者主体の農地集積・集約の取組についてお話いただき、農地集積・集約に向けた取り組みのポイントと集約化のメリットについて学びました。

その後は、地域ごとに耕作地図を囲みながら、各担い手の現状の耕作地の確認と耕作希望地について共有しました。担い手同士で意見交換することで、農地集積・集約を進めるにあたっての課題についても整理しました。

石島代表取締役の農業者目線でのお話は参加者に大きな刺激となり、地域ごとの話し合いでも活発な意見交換につながりました。

 

話し合いをさらに進めるため、8月25日に第2回の座談会を開催しました。

第2回座談会では、話し合う地域を絞り、参加する担い手を増やすことで、さらに細かい耕作希望地のエリア分けや具体的な農地交換の話合いを進めることができました。

参加者からは、「今回の座談会で担い手同士が顔見知りになり、それぞれの耕作地を把握できたことは大きな意味がある。」との声があげられ、農地集積・集約に向けた意欲が感じられました。

普及センターでは今後も関係機関と連携しながら、担い手間の継続的な話し合いを促し、将来の地域農業に欠かせない農地集積・集約を支援していきます。

 

農地の集積・集約化(農林水産省HPより)

農地の集積とは、農地を所有し、又は借り入れること等により、利用する農地面積を拡大することをいいます。農地の集約化とは、農地の利用権を交換すること等により、農地の分散を解消することで農作業を連続的に支障なく行えるようにすることをいいます。

令和5年9月11日

つくば地域農業改良普及センター

講話の様子話合いの様子

県南地域農業学園第2回「農薬適正使用講座」を開講

普及センターでは、新規就農者を対象に、基礎的な栽培技術や経営改善の方法等に関する講座「県南地域農業学園」を開催しています。7月20日(木曜日)には、一般社団法人日本植物防疫協会茨城研究所(以下、「茨城研究所」という。)において、県南地域農業学園第2回「農薬適正使用講座」を開講し、つくば地域、稲敷地域、土浦地域の新規就農者等18名が参加しました。

始めに、茨城研究所の職員から、病害虫防除と安全な農薬の使用方法について講義いただき、調査研究で得られた実験データの紹介など研究機関ならではの話を聞くことができました。次に、実際に農薬のラベルを見ながら、乳剤、水和剤、展着剤それぞれの特徴と混用する際の注意点について説明を受けました。

また、実演では、農薬散布の際の注意点について説明を受けた後、様々なノズルによる散布の違いを見学しました。特に、噴霧される薬剤の粒径が通常のノズルよりも大きくなることでドリフトを抑制するドリフトレスノズルと、通常のノズルによる噴霧を比較することで、ノズルの効果を実感することができました。

質疑応答では、「農薬の最新の情報を集めるにはどうしたらよいか」、「農薬を混用する際は、タンクにどのような順番で入れるのがよいか」など、日頃の農薬使用にあたっての質問が、予定時刻では収まりきらないほど多くあがりました。

つくば普及センターでは今後も関係機関と連携し、有機・土壌講座(8月)、ネギ栽培講座(9月)等、各種講座を開講し新規就農者の経営安定に向けた支援をしていきます。

令和5年8月16日

つくば地域農業改良普及センター

農薬適正使用講座の様子

 

 

 

 

 

 

水田を活用した子実用トウモロコシの現地検討会を開催しました

令和5年8月2日(水曜日)、境町の株式会社クローバー・ファームにおいて、茨城県県西農林事務所、県南農林事務所つくば地域農業改良普及センター、茨城県農業再生協議会の共催により、水田を活用した子実用トウモロコシの現地検討会を開催しました。

子実用トウモロコシは、家畜の主要な飼料として安定した需要が見込まれ、水田でも栽培できることから、新たな水田作物として注目されている作物です。生育状況の確認や収穫実演を見学しながら、県内での生産拡大の可能性について、検討を行いました。

最初に、県西農林事務所から高収益作物の生産・利用状況について、産地振興課から水田畑地化や子実用トウモロコシ栽培への支援について説明しました。

次に、今回が自社生産2年目となる株式会社クローバー・ファームの高橋代表から、子実用トウモロコシの作業体系や収益性についての説明と、コーンヘッダーを装着したコンバインでの収穫作業の実演をしていただきました。

高橋代表は「子実用トウモロコシの販路は自ら確保する必要がある。子実用トウモロコシだけで利益を出すのは難しいが、緑肥代を削減でき、土壌改良効果により麦・大豆の収量が向上して、経営を安定化できる」と述べていました。

実演では、コーンヘッダーを装着したコンバインによる収穫作業の迫力と速さに圧倒され、かつ、きれいに子実が選別されていることに感嘆の声が上がり、参加者は「乾燥はどのように行うのか」「殺虫剤は何を使用しているか」等積極的に質問し、興味津々の様子でした。

農業者と関係機関あわせて約50名が参加し、そのうち、つくば地域の参加者は9名と他地域と比較して最も多く、水田活用についての関心の高さが伺えました。

普及センターでは、引き続き水田活用につながる情報提供を行い、儲かる大規模水田農業経営体の育成に向けた支援を行っていきます。

令和5年8月15日

つくば地域農業改良普及センター

講座の子実用トウモロコシ

就農支援ワークショップを開催しました

7月14日、つくば市内での就農を希望する方及び就農して間もない方を対象に、先輩農業者との交流を通し、就農を成功に導くためにはどうしたらよいかを考えるためのワークショップを開催しました。今回は先輩農業者として、東郷直樹農業経営士、川上和浩青年農業士をお招きし、就農希望者や、新規就農者等8名が参加しました。

最初に川上氏から、経営者として農業を成功させるために必要な考え方等について講話いただきました。非農家出身の川上氏が、つくば市で独立就農した時の経験を元に、就農の厳しい現実を伝えながら、壁を乗り越えるために意識すべきことを一つ一つ分かりやすい言葉で説明し、参加者は皆、真剣に聞き入っていました。

その後、2班に分かれ、それぞれ東郷氏、川上氏をアドバイザーとしたグループワークを行いました。東郷氏の班では、ニンジン、ダイコンを栽培し秀品率9割を実現する東郷氏の技術、努力、経営者マインドに、参加者は深く感心していました。川上氏の班では、資金、農地、品目の選定等について、実際に新規参入した経験に基づくアドバイスを求めて、活発に質問が出されました。

つくば地域就農支援協議会では、今後も農外からの新規参入や、新規就農者の経営安定に向けた支援を進めていきます。

令和5年7月31日

つくば地域農業改良普及センター

川上氏の講話グループワーク風景

水田高収益化および省力化に関する先進事例研修を開催しました

7月14日、水田における高収益作物(かんしょ)栽培やドローンを活用した水稲栽培を学ぶため、五霞町の有限会社シャリーにおいて先進事例研修を開催し、農業者や関係機関など25名が参加しました。

水田におけるかんしょ栽培では、排水対策が最も重要であることから、中耕培土および傾斜化の施行方法や排水性について、また、水稲栽培ではペレット堆肥の肥料費削減効果やドローン直はの生育・収量について、坂東地域農業改良普及センターから説明を受けました。

その後、かんしょと水稲のほ場を見学し、有限会社シャリーの鈴木代表取締役から、各技術に取り組んだ経緯や実際に取り組んだ感想、メリット・デメリットについてご説明頂きました。その中で、かんしょ栽培については除去が不要な生分解性マルチが従業員から好評であること、ドローン直はについては品種やその年の温度により発芽速度が異なるため、注意する必要があること等、実際に取り組んだからこその率直なご意見を頂き、参加者とも活発な意見交換ができました。

普及センターでは、引き続き農業者の要望に応えた現地検討会を開催し、儲かる大規模水田農業経営体の育成に向けた支援を行っていきます。

令和5年7月26日

つくば地域農業改良普及センター

高収益作物(かんしょ)に関する講話カンショ圃場視察

水稲後期管理講習会を行いました

7月5日、水稲後期管理講習会(JAつくば市主催)が市内3ヶ所で開催され、計24名の生産者が参加しました。

水稲後期管理では中干し後の追肥判断が重要であることから、普及センターが実際に幼穂長を測って出穂期を予測し、草丈・葉色の値から追肥の要否やタイミングを確認しました。農薬メーカーからは、これから防除が必要となるいもち病やカメムシに対する薬剤について紹介がありました。

参加者からは「間断かんがいの入水間隔はどれぐらいが良いか」などの質問があり、後期管理について学び直すきっかけとなりました。

普及センターでは、関係機関と連携しながら、水田農業の維持・発展に向けて、引き続き支援を行っていきます。

令和5年7月26日

つくば地域農業改良普及センター

水稲後期管理講習会

水稲大規模経営を実現するドローン等のスマート農業現地検討会を開催しました

7月3日、つくば市作谷の櫻井氏の水田において、ドローン等スマート農機の活用による収益性向上を目的とした現地検討会を開催し、農業者や関係機関など42名が参加しました。近年、つくば管内ではドローンの導入が進んでおり、直はや除草剤散布など様々な用途で活用することで、大面積をより省力的に耕作することが可能になります。

前半は、普及センターからドローン直はほ場の生育について説明した後、メーカーから移植ほ場における新規登録除草剤のドローン散布実演をして頂きました。直はに取り組んで2年目となる櫻井氏は「今年は昨年の反省を踏まえ、播種方法を改善したことで発芽が良く、移植と変わらない生育を確保できた」と話を聞くことができました。

後半は、最先端の栽培管理支援システムザルビオについてメーカーから説明頂いた後、普及センターからザルビオを活用した可変施肥の効果について説明しました。参加者からは、試験ほ場の収量の高さに驚きの声があがり、衛星による生育マップの精度や可変施肥マップの作製方法等について活発な情報交換が行われました。

普及センターでは、引き続き農業者の要望に応えた現地検討会を開催し、儲かる大規模水田農業経営体の育成に向けた支援を行っていきます。

令和5年7月26日

つくば地域農業改良普及センター

ドローン現地研修会ドローンの飛行の様子

女性農業士会つくば支部第1回経営研修会を開催

女性農業士会つくば支部で第1回経営研修会を開催しました。今回は、株式会社武蔵野種苗園新治育種農場を見学しました。

農場では、トウモロコシやカボチャ、トマトなどの品種が展示されていました。参加者は、それぞれの品種の具体的な栽培方法や、直売所で消費者に人気がある皮が柔らかい特色のある品種についてたずねるなどしており、積極的に農場の担当者に質問する姿がみられました。参加者の多くは野菜経営を行っており、直接作物を目にすることで、今後栽培する作物の品種選定の参考になった様子でした。

今後も普及センターでは地域農業のリーダーとなる女性農業士の経営力向上を支援していきます。

令和5年7月18日

つくば地域農業改良普及センター

女性農業士研修会

令和5年度女性のための稲作基礎セミナー第1回を開催しました。

普及センターでは、令和3年から管内で普通作経営に参画する女性農業者を対象に、「女性のための稲作基礎セミナー」を開講しています。

6月22日、つくばみらい市で水稲と小麦の生産を行う(農)小絹生産組合を会場に、本年度最初のセミナーを開催しました。新たなセミナー生も含め、管内の女性農業者5名が参加しました。

前半は、(農)小絹生産組合の菊池代表理事組合長からの説明や、いばらき広域農業共済組合からの収入保険の紹介、普及センターからの技術情報の提供を行いました。菊地代表からは、組合設立の経緯や経営概況、課題や経営理念についての説明や、組合の育苗施設を見学しながら、育苗管理技術の紹介がなされました。セミナー生からは、育苗管理技術や本年度発生の多かった病気や障害への対策など、多くの質問が出されました。

後半は、今年から導入した2つの水稲新品種(「ゆうだい21」ほか)を視察しました。新品種の特徴を確認すると同時に、当地域も6月上旬の大雨で多くの水田が冠水したことから、冠水対策や流れてきたアオミドロの対策についての情報交換も行われました。

今回のセミナーは、新たなセミナー生との交流が深まるとともに、有意義な情報交換の場となりました。普及センターでは引き続き、女性農業者を支援していきます。

令和5年6月27日

つくば地域農業改良普及センター

令和5年度女性のための稲作基礎セミナー第1回-1令和5年度女性のための稲作基礎セミナー第1回-2

JA茨城みなみ六郷地区初期現地研修会で水稲の生育状況を確認しました。

6月15日、取手市六郷地区においてJA茨城みなみ六郷地区初期現地研修会が開催され、農業者7名と農協、資材メーカー2社、普及センターとで水稲の生育状況を確認しました。

前半は参加者全員の圃場(コシヒカリ)で生育調査を実施し、後半は室内検討を行いました。

六郷地区では、6月上旬の大雨で多くの水田が冠水したため、圃場によってはやや茎数が少ないところも見られましたが、生育調査の結果、概ね必要茎数は確保されていることが確認できました。このため室内検討では、調査結果を踏まえ、中干しを実施することが決まりました。

研修会では、普及センターから今年の生育状況や冠水対策、病害虫対策等の情報提供を行ったほか、メーカーからは難防除雑草やアオミドロに対する対策について説明がなされました。研修会を通じて、農業者と関係機関とで、冠水被害の状況や資材の効果、カメムシの発生状況などについて活発な情報交換が行われました。

普及センターでは、水田農業の維持・発展に向けて、引き続き支援を行っていきます。

令和5年6月19日

つくば地域農業改良普及センター

 

六郷地区水稲現地検討会

 

 

 

 

 

 

つくばみらい4Hクラブが「あさのいち」を開催しました

5月13日に「つくばみらい4Hクラブ」がつくばみらい市のみらい平どんぐり公園で「あさのいち」を開催しました。

「あさのいち」は、市内の若手農業者グループである「つくばみらい4Hクラブ」が、地域住民につくばみらい市内で生産された農作物の魅力を発信し、地元を活性化させることを目的に始めたイベントです。クラブ員が生産した農作物を販売するほか、市内の企業や個人ショップ等が出店しています。年々出店数も増加し、イベントの規模も拡大しています。

普及センターでは、クラブの出品ブースの設置や販売、クラブ員が提案した販売促進のための支援を行いました。ダイコンやブロッコリー、カリフラワー、葉物野菜、米など幅広い農作物が販売され、天気が優れない中多くの方が訪れ、大盛況でした。

普及センターは今後も「つくばみらい4Hクラブ」の活動を支援していきます。

令和5年5月23日

つくば地域農業改良普及センター

 

あさのいち

女性農業士会つくば支部会員情報交換会が開催されました

令和5年4月18日に女性農業士会つくば支部の会員による情報交換会が開催されました。女性農業士会つくば支部では、地域のリーダーとして活躍する女性農業者の資質向上を図るため、研修会などを開催しています。

情報交換会では、まず、つくば地域で多い新規就農希望者の現状が報告され、農業の第一線で活躍する女性農業士の経験を新規就農者に伝えることの重要性について認識を共有しました。その後、今年度の支部研修会で実施したい内容について、意見を出しあいました。

近年は、コロナ禍で女性農業士全員が集まる機会がなかったこともあり、支部活動の検討にとどまらず、それぞれの女性農業士が経営の新たな取り組みを紹介するなど、活発に意見交換する姿がみられました。

今後も普及センターでは、地域で活躍する女性農業士会つくば支部の活動を支援していきます。

令和5年4月20日

つくば地域農業改良普及センター

女性農業士つくば支部情報交換会

 

 

 

 

 

 

 

美味しい料理を前にしても、意見交換が止まりませんでした。

新品種育成を支援しました

4月4日、5日につくばみらい市のフリージア農家の圃場にて、販路拡大等を目指し、フリージア交配による新品種育種を支援しました。

人工交配は、新しい花の色や形の品種を作り出し、ブランド化や販売先の開拓などによる収益性の向上や経営の安定につながると期待されています。

今回の交配は、まず母親となる品種の蕾から花弁とおしべのみをピンセットで取り除き、めしべのみを残します。そして、残しためしべに交配させたい別品種の花粉を付着させた後、他の品種が交配しないように袋を被せます。

紫色の品種にピンク色の品種、一重咲きの品種に八重咲きの品種を交配するなど、様々な組み合わせの交配を行いました。農家の方は「どのような新品種の種ができるか楽しみです」とおっしゃっていました。

普及センターでは、引き続き農家の要望に応えた支援を行っていきます。

令和5年4月18日

つくば地域農業改良普及センター

フリージア交配1フリージア交配2

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度女性のための稲作基礎セミナー(第5回)を開催しました。

3月7日、女性のための稲作基礎セミナー第5回を開催しました。管内の女性農業者4名と男性農業者1名が参加しました。今回は、水田面積170haを担う大規模稲作経営体である、株式会社わかばファーム(利根町)を視察し、各施設を見学しながら意見交換を行いました。

株式会社わかばファームでは、若泉代表取締役から大規模化の経緯や特色ある経営について説明がありました。また5つの施設を回り、所有する機械や設備を見学しながら、高密度播種育苗や資材高騰対策としてのディスクハローの導入などの営農技術から、有用な農業制度等の経営上の工夫まで、幅広くご紹介いただきました。育苗ハウスでは、育苗担当の職員より水管理のノウハウや、苗箱並べ機・太陽シートの使用方法など詳細な活用方法を教えていただき、セミナー生と活発な意見交換がなされました。

若泉代表取締役のウィットに富んだ会話と、試算に基づいた効率的で先進的な経営手腕に、参加者からは笑いと驚きの声とがあがり、活気のあるセミナーになりました。

普及センターでは引き続き女性農業者を支援していきます。

令和5年3月10日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度女性のための稲作基礎セミナー第5回-1令和4年度女性のための稲作基礎セミナー第5回-2

大玉トマト現地検討会を開催しました

令和4年12月20日、令和5年2月28日に、JA茨城みなみ施設園芸部会の大玉トマト現地検討会が開催されました。種苗メーカーと関係機関が2日間で生産者13名のハウスを巡回し、大玉トマトの栽培状況を生産者と確認しました。

普及センターは、その場で茎径・花芽距離の測定による生育診断を行い、今後の栽培管理について生産者にアドバイスしました。また、コナジラミ類や葉かび病・すすかび病について、資料をもとに情報提供しました。

暖かくなる3月以降は大玉トマトの収穫量が急激に増え、一番の繁忙期となります。今後も普及センターは種苗メーカーや関係機関と協力しながら部会活動を支援していきます。

令和5年3月6日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度トマト現地検討会の様子

つくば地域ネギ生産者先進事例視察研修を開催

ネギ経営は異常気象や販売価格の低下に伴い、栽培管理や品種の見直し、複合品目導入といった新たな取り組みが求められています。2月24日につくば地域の10名のネギ生産者がこれらに取り組みを行っている八千代町の先進経営体を視察し、堅調なネギ経営を行うための戦略を学びました。栽培管理のポイントとして、低温による葉枯症対策や夏場にお勧めの品種、複合品目としてカボチャやトウモロコシの作付けなど、有意義な時間となりました。地域を超えたつながりを持つことができ、次作に向けて刺激を受けた様子でした。

普及センターでは今後もネギの生産と振興を支援していきます。

令和5年3月1日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度ネギ専新経営者視察研修

令和4年度県南地域青年農業士合同研修会を開催

令和5年2月21日、令和4年度県南地域青年農業士合同研修会が開催されました。当日は県南地域の青年農業者が14名が参加しました。まず、つくば市で普通作経営を営んでいる青年農業士の経営事例について室内で研修を行いました。それから全員で機械や施設等を見学し、意見交換を行いました。各地域の参加者からは積極的に質問が出され、有意義な研修になったものと思われます。普及センターでは今後も青年農業士の研修や交流を積極的に支援していきます。

令和5年2月21日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度県南地域青年農業士合同研修会

農業学園「販売力向上講座」を開催

2月10日、農業学園の販売力向上講座と閉講式を研究交流センターで開催し、農業学園生10名(つくば地域7名、土浦地域2名、稲敷地域1名)が参加しました。

講師の株式会社農業総合研究所の及川代表取締役会長からは、自身の生産、販売の経験から、「農業を良くするには流通を変える必要がある」と、現在の取組や売るための工夫についてお話をいただきました。参加者からは、「農業の中の販売・流通の部分の大切さを感じた」、「経営理念を自分の言葉で表したい」などの感想が聞かれ、有意義な講座となりました。

また、閉講式では、当普及センター長が「経営理念やビジョンを持って取り組めば、失敗しても次につながる。これから様々なことに挑戦し、活躍してほしい。」と激励しました。その後、参加者は今年できたことや今後取り組みたいことについて意見交換を行い、自身の経営について振り返りを行いました。

今年度は、有機農業講座やネギ栽培講座、農業機械講座など、計7回の農業学園講座を開催し、新規就農者及び研修生の経営・栽培技術向上を支援してきました。次年度も引き続き様々な分野の講座を開催していく予定です。

農業学園講座にご興味がある方は、つくば地域農業改良普及センター(029-836-1109)までご連絡ください。

令和5年2月16日

つくば地域農業改良普及センター

農業学園「販売力向上講座」

令和4年度つくば地域農業経営士・青年農業者の会の合同研修会が開催されました。

令和5年2月2日、令和4年度つくば地域農業経営士・青年農業者の会の合同研修会及び情報交換会が開催されました。当日は農業経営士が7名、青年農業士が7名の計14名が参加しました。普通作経営の農業経営士と施設園芸を中心とした経営の青年農業士の作業場およびハウスにて研修を行いました。まずそれぞれの担い手から経営の現況や課題等について説明を受けた後、機械や施設等を見ながら参加者が自由に質問や意見交換を行う形で研修を行いました。新型コロナウイルス感染症流行のため、3年ぶりの開催でしたが、参加者同士が自身の経営課題等について活発に意見交換している様子がみられました。普及センターでは今後も農業経営士や青年農業士の研修や交流を積極的に支援していきます。

令和5年2月14日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度つくば地域農業経営士・青年農業者の会合同研修会

令和5年茨城県女性農業士会つくば支部総会が開催されました

令和5年1月31日、令和5年茨城県女性農業士会つくば支部の総会が開催されました。つくば支部では、地域で指導的役割を果たせる農業者をめざし、研修会等の活動を行っています。総会では、令和4年はコロナ禍でもできる範囲で感染対策に気を付けながら、前年より活発な活動が行えたことが報告されました。

総会後、元女性農業士の鈴木雅子氏(古河市)を講師にアロマリップクリーム作りを行いました。

リップクリームは、鈴木氏宅で採れたミツロウを使用し、保存料などを使用せず作りました。参加者らは、早速できたクリームを手に塗ったりして使い心地を確認していました。また、鈴木氏からは、自身氏が行っている地域の花を生かしたクラフトづくりやせんべい作り体験のなどの活発な取り組みの紹介がありました。話を伺った女性農業士からは、「鈴木氏の活動からいろいろなヒントをいただくことができた。」「鈴木氏の他のプログラムもお願いしたい」などの声が聞かれました。

普及センターでは今後も地域で活躍する女性農業者の育成に向け、支援していきます。

令和5年2月8日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度女性農業士つくば支部総会リップクリーム

アグリ研究会が研修会を開催しました

アグリ研究会は40代中心の新しい生産者組織です。トマトをはじめとする園芸品目の栽培技術向上や情報交換を目的に令和3年に結成されました。現在、つくばみらい市・取手市の生産者9名が会員になっています。

今年度は、病害虫や栽培管理に関する研修会を3回開催しました。普及センターは研修会がスムーズに開催できるよう、事前準備や当日の運営サポート、栽培に役立つ情報提供などを通じて研究会を支援しました。

令和5年2月2日の研修会では、「ミニ・中玉トマトの品種に関する情報交換」と「葉かび・すすかび病に関する講義」を行いました。現場で求められる、ミニ・中玉トマトの品種特性について、生産者と種苗メーカー担当者が積極的に意見交換している姿が印象的でした。

研究会は次年度も研修会を開催したい意向があることから、普及センターは今後も活動を支援してまいります。

令和5年2月7日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度アグリ研究会研修会(6月)令和5年度アグリ研究会研修会(2月)

つくばみらい4Hクラブが先進地視察研修を行いました

令和5年1月25日に、つくばみらい4Hクラブが先進地視察研修を行いました。つくばみらい4Hクラブは、つくばみらい市の若手農家の仲間づくりを目的としてできたクラブであり、市内各種イベントへの出店、栽培技術向上のための研修会の実施など、精力的に活動しています。今回の先進地視察研修は、ネギとトマトの栽培に関して茨城県内で髙い栽培技術を持つ農業者の圃場を見学しました。

ネギについては、坂東市の生産者圃場を見学しました。つくばみらい市内では見たこともないほどの大きさのトラクターや広大な農地に圧倒されながらも、被覆資材や栽培品種について積極的な情報交換が行われ、古くから畑作地域として発展してきた坂東のネギ栽培の知見を得ることができました。

トマトについては、茨城町で施設栽培に取り組む生産者の農場を視察しました。この農園はトマト栽培において、コンピューター制御の環境制御技術を導入しており、施設栽培のスマート技術に関心のあるクラブ員からは「環境制御装置の導入価格はいくらか」、「農薬散布の頻度はどれくらいか」といった質問がありました。生産者の方から環境制御技術の数々のメリットを聞くことができ、有意義な視察となりました。

研修を通じ、クラブ員からは今後の経営を考えるうえでいい刺激になったなどの感想がありました。普及センターでは今後もつくばみらい4Hクラブの活動を支援していきます。

令和5年2月2日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度つくばみらい4Hクラブ先進地視察研修-1令和4年度つくばみらい4Hクラブ先進地視察研修-2

令和4年度資材高騰期におけるコスト管理と人材育成研究会を開催

近年、農業資材の価格高騰が進む中、資材高騰に耐えうるコスト管理や、人材育成による生産性向上に取り組むことが重要な経営課題となっています。

そこで、つくば農業改良推進協議会は、土浦地域農業改良普及事業推進協議会及び稲敷地域農業改良普及事業推進協議会と共催で、令和5年1月20日に「令和4年度資材高騰期におけるコスト管理と人材育成研究会」を開催しました。

県南地域から生産者24名が参加した本研究会では、株式会社農テラスの山下弘幸先生を講師に招き、「経営コストの見直し方」、「後継者・従業員の育成と世代交代のすすめ」についてお話いただきました。

山下先生からは、「コストの見直しは、まず生産原価がいくらかかっているのかを把握することから始めてみましょう」、「生産原価は売上の50%以下をめざしましょう」というわかりやすい行動指針が示されました。さらに、「価格高騰で増加した資材費は、どこかを削って下げないといけない。その方法として、相見積もりをきちんととる、共同購入をする、働く人のパフォーマンスを上げる等が考えられる」とアドバイスがありました。

特に、働く人のパフォーマンス向上については、人を使える農家になるためのポイントに加え、親子間に生じやすい問題の対策も紹介され、従業員・後継者の育成と早めの世代交代が重要であることが示されました。

実際に農業経験があり、悪化した経営を立て直した実績のある山下先生からのアドバイスに、参加者は頷きながら耳を傾けており、「経営の数値を把握する」ことの大切さや納得感が得られる研修会となりました。

厳しい状況に打ち勝つ力強い経営を築くため、普及センターでは今後も生産体制や経営全般の見直しに対する支援を行っていきます。

令和5年1月27日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度資材高騰期におけるコスト管理と人材育成研究会

令和4年度県南地域青年農業者プロジェクト発表会を開催

1月18日、県南地域青年農業者プロジェクト発表会を研究交流センターで開催しました。県南地域の若手農業者3名(土浦地域、稲敷地域、つくば地域)が今年度行った取組について発表し、活発な意見交換が行われました。

青年農業者プロジェクト活動は、若手農業者が自ら考えて課題を解決する取組を行うものです。今回の3名の取組内容は、イチゴにおける天敵を利用したハダニ防除、春ダイコンにおける省力化技術の検討、ハクサイにおける土壌診断に基づく施肥設計でした。農業者自身がそれぞれの課題に対するテーマを設定し、試験を行うことで、課題解決能力の向上のきっかけとすることができました。

参加いただいた先輩農業者等からは、取組内容への質問・意見や発表に関するアドバイス、1週間後の県発表会への激励の言葉をいただきました。

普及センターでは儲かる農業や若手農業者の経営発展に向けて、引き続き支援を行っていきます。

令和5年1月26日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度県南地域青年農業者プロジェクト発表会

つくば市筑波地区農地集約話し合いを開催しました。

令和5年1月12日、つくば市筑波地区農地集約話し合いをつくば市筑波交流センターで開催し、農業者7名、関係機関17名の計24名が参加しました。今回の話し合いでは、まず全員で耕作地図を確認しながら、各担い手の現状の耕作地及び将来の大まかな耕作希望地について共有しました。続いて担い手同士の意見交換を行ったところ、農地集約方法、小作料、水利状況などについて、担い手主導で活発に意見が交わされました。最後には参加した担い手それぞれが農地集約に係る将来の方向性について発表を行いました。普及センターでは今後も関係機関と連携しながら、担い手間の継続的な話し合いを促し、農地集約を支援していきます。

令和5年1月19日

つくば地域農業改良普及センター

つくば市筑波地区農地集約話し合い

令和4年度女性のための稲作基礎セミナー(第3回)を開催しました。

令和5年1月11日、女性のための稲作基礎セミナー第3回を普及センターで開催しました。つくばみらい市の女性農業者4名が参加し、活発な意見交換が行われました。

今回は、外部講師として、井関農機株式会社夢ある農業ソリューション推進部の方々をお招きし、スマート農業の概要と関連機器について、動画や実物を見ながらご説明頂きました。

講義では、取り組みやすさの段階別に、6種類のスマート農機について紹介がありました。講義のはじめには、参加者から「スマート農業は難しそう」との声があがりましたが、「スマート農業は栽培管理のサポートツール」との説明と、機器ごとのわかりやすい紹介を受け、参加者からは具体的な使用方法や導入にあたっての注意点、価格などの多くの質問がなされ、参加者間でスマート農業に関する知識が深まりました。

普及センターでは儲かる農業や女性農業者の育成に向けて、引き続き支援を行っていきます。

令和5年1月11日

つくば地域農業改良普及センター

令和4年度女性のための稲作基礎セミナー(第3回)-1合鴨ロボット

つくば市谷田部地区で農地集約話し合いを開催

令和4年12月22日、第2回つくば市谷田部地区農地集約話し合いをつくば市役所において開催し、農業者9名、関係機関21名の計30名が参加しました。今回の話し合いでは主に農地集約や水利に関する担い手同士の意見共有、機場単位に農地集約を実施することについての検討、谷田部地区の小作料の水準に関する意見交換、農地中間管理事業を通じた物納から金納への転換に関する意見交換を実施しました。特に農地中間管理事業を通じた物納から金納への転換については、実際に地権者へ働きかけて転換を実施した担い手からアドバイスがあり、他の担い手は興味深そうに耳を傾けていました。
普及センターでは今後も、関係機関と連携しながら、担い手同士の連携による農地集約を促していきます。

令和5年1月6日

つくば地域農業改良普及センター

つくば市谷田部地区での農地集約話し合い

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

県南農林事務所つくば地域農業改良普及センター経営課

〒305-0861 茨城県つくば市谷田部3951-5

電話番号:029-836-1109

FAX番号:029-836-1816

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?