ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 人権 > 令和5年度人権メッセージ入賞作品 > 令和5年度人権メッセージ優秀賞作品(一般部門)

ここから本文です。

更新日:2023年12月4日

令和5年度人権メッセージ優秀賞作品(一般部門)

 << 最優秀賞メッセージ紹介のページ

 小学校低学年部門 | 小学校高学年部門 | 中学校部門
 高等学校部門 | 特別支援学校部門 | 一般部門


優秀賞(一般部門)

小林 亮丞 さん

  気づいてあげて。笑顔の奥にあるものを。
いじられている子がとっても笑っていた。傍から見たらすごく楽しそうにみえる一面だった。しかし、いじられている子の笑顔の奥は、なにか涙を流しているようにみえた。言葉に立場は関係ない。大人だから、子供だから、仲がいいから、なんてそんなの関係ない。なんでも言っていいわけじゃない。みんな心はあるんだから。言葉は人の心を刺す大きな凶器になる。忘れないで。どんな関係であっても。

告 由加里 さん

 「できない」と言われ続け、親子で行事が嫌だった保育園。
小学生になり、心優しいお友達にめぐまれ、先生にめぐまれできないとあきらめることなく努力すること、助けを求めること。できることでお友達ができない時には手をさしのべることを覚えた我が子。
今はとっても生き生きしている。
できないときめつけないで、手をさしのべてほしかった。「できない」といわないで見守ってほしかった。
これからも助けあいで生き生きとすごしてもらいたい。
できないことを見守って助ける人間が増えると信じて。

 

このページに関するお問い合わせ

福祉部福祉政策課人権施策推進室

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3135

FAX番号:029-301-6200

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?